2019/03/24 東京銀座 ヤマハホール

画像第13回左手のアーカイブコンサート
(左手のピアノ国際コンクール開催記念コンサート)
 
2019年3月24日(日)
開場13:00、開演13:30
前売り2500円(当日3000円)
東京銀座 ヤマハホール
 
演奏者 高岡準、
演奏者 智内威雄
 
チケット販売
カンフェティ0120-240-540
https://s.confetti-web.com/detail.php?tid=50167&
 
コンサート問い合わせ
090-6047-3005(ワンハンドピアノミュージック
ホール問い合わせ
03-3572-3171(ヤマハ銀座ビルインフォメーション)
 
主催 (一社)ワンハンドピアノミュージック
共催 (株)ヤマハミュージックジャパン

公式FBの紹介文 <続き…>

   

3月24日 東京銀座ヤマハホールにて「第13回 左手のアーカイブコンサート 〜左手のピアノ国際コンクール開催記念〜」を行う事をお知らせします。

「左手のピアノ国際コンクール開催記念」として、同コンクール プロフェッショナル部門1位の高岡準さんをゲスト演奏家に迎えたジョイントコーサートになります。ホスト演奏としては団体代表の智内威雄が行います。

過去にも同シリーズは何度かジョイントコンサートを行っています。その度に素晴らしい出会いがあり、多様性ある左手のピアノ演奏を感じられる舞台が作られてきました。

数々の優れたCDを製作してきたフランス人のゼッキーニさん、左手のピアノ曲の委嘱活動でも知られる日本の舘野泉さん、そしてリスト国際の優勝者であり、ずば抜けた演奏力をもつカナダ人のデュベさんなどを招聘し開催してきました。

今回は、秋に大阪府箕面市で行われ国際コンクールの優勝者の高岡準さんです。大会会場を感動の渦に巻き込んだウィトゲンシュタイン版のシャコンヌも演奏をされます。ご期待ください。智内は左手のアーカイブが製作を続けるバッハ編曲を中心とした新たなプログラムになります。左手のピアノ音楽史編纂プロジェクトという名で、アーカイブ内で日々研究がされています。

今回は東京銀座のヤマハホールという立地的にも空間的にもとても素晴らしい会場です。皆様のご参加をお待ちしています。


#書籍「ピアノ、その左手の響き 」

piano_omote1piano_ura1

ピアノ、その左手の響き
歴史をつなぐピアニストの挑戦
智内威雄 著
発行日 2016年02月19日発売
判型 四六判・上製
頁数 224ページ
価格 本体1800円+税
ISBN ISBN978-4-8118-0789-8
Cコード C0073

出版社HPより
バッハ=ブラームスの行間、スクリャービンの希望、ラヴェルの華麗──。三百年の歴史を持つ、知られざる豊かな響き、左手のピアノ音楽がよみがえる。

病によって、戦争によって、右手の自由を失ったピアニストたちが、それでも表現することをあきらめずにひとすじの細い道をつないできた左手のピアノ音楽。それはまったく新しい豊かな響きをピアノにもたらした。多彩な音色と高い音楽性──片手演奏のイメージを180度変える希望の音楽である。

少年時代から人に音楽を聴かせることに喜びを見出していた若いピアニストは、ジストニアの発症によって左手の音楽に目覚める──。

ETV特集「左手のピアニスト〜もうひとつのピアノ・レッスン」をはじめ、各種メディアで注目を集める”左手のピアニスト”が、新しい響きを生みだすまでの歩みを縦糸に、左手音楽の歴史を横糸に、はじめて書き下ろす、未知のピアノ体験。

書評:週刊読書人よりhttps://dokushojin.com/article.html?i=3845

オンラインで購入する

アマゾン楽天ブックスe-honブックサービスhonto紀伊國屋書店版元ドットコム丸善ジュンク堂