2008/06/06 大阪 金光玉水会館ホール

2008/06/06(金)
大阪 金光玉水会館ホール
「渾身の大阪初リサイタル!」


今 回は、初めての大阪でのソロコンサートでした。今回のテーマは「左手の音楽」。左手演奏の歴史にスポットをあてて選曲しました。左手のピアノ曲にはとても 素晴らしい作品が多くあります。それらが作曲された、もしくは編曲されたのには様々な経緯があるのですが、結果として5本の指をベースに音を出し演奏する という、他の楽器では当たり前なスタイルとなりました。

アンケートなどで「片手演奏と両手演奏の違いとは?」という質問を多く頂きます。両手演奏との違いは、ピアノを始めたばかりの頃の学習方法を見ると分り易 いかもしれません。まずは片手で一つのメロディを弾きピアノに慣れることから始めます。それから左右別々の声部を同時に弾く両手演奏を学習していきます。 この作業は一つのパートに集中する事なく、左右全体を遠くから眺めるようにすると上手くいきます。上級者にとってもこの冷静な構築技術は大切です。逆に左 手の演奏では、絵筆を持つのと同じく片手のみが使用されます。どこか一筆書きにも似た真心でとらえるバランス感や、線の勢いなども曲を構成する上で大変重 要とされます。しかし心のブレの様なものまでハッキリと音として出てしまう難しさもあります。両手演奏の外面的なバランス、片手演奏の内面的なバランス、 それぞれ違いはありますが、両方ともピアノという優れた楽器の上で成り立つ演奏芸術です。

今回は日本ピアノサービスのご厚意により、ヴィンテージ・スタンウェイを使用させて頂きました。このピアノは最近の楽器には見られない強い個性を持ってい ます。その主張あるピアノだからこそ描ける世界が存在しています。様々な分野でも言えることかもしれませんが、個性が強くあるものとは一歩間違えると水と 油、しかし息があったときには想像もできないような世界を描き出してくれるように思えます。今回はこの素晴らしいピアノとの共演で、演奏をしながらも様々 な発見のある楽しい時間となりました。

今後ともコンサートで様々な試みをし、クラシック音楽の深さや多様性の一端でも表現出来ればと思います。これからも応援の程よろしくお願いいたします。またお会いできる日を楽しみにしています。

2008年6月11日 智内威雄


会場の声(アンケートより)

●魂からの音の響き感心に強く響きました。強さと繊細さを強く感じました。心が洗われました。 30代女性

●吉松隆のタピオラ幻景素晴らしかったです。演奏活動が更に展開しますように。60代男性

●とても左手だけで弾いている様には思えませんでした。私はスクリャービンの夜想曲が一番気に入りました。50代女性

●鍵盤の左から右へと5本の指の神のような音色をありがとうございました。陰の努力をしみじみ感じ入りました。60代女性

●床からすごく響きが伝わってきて心地良いひと時かつ感動的なひと時でした。40代女性

●智内さんの今回で4回目です。前半はロマンスが心に残りました。「お星さま」かわいい曲ですね。七色のこんぺいとうを連想します。ピアノの事も少し聞かせて頂きましたが想像していたより華やかだったように思いました。 50代女性

●甲東教会に初めて演奏聴きました。それより今回は3回目です。めきめき上達され、不思議と引き込まれます。常々の努力の珠玉と思います。どうぞこれからも大変でしょうががんばってください。60代女性

●左手のピアニストとお聞きししていますが、手許が見えないところでお聴きし、どうやったらこのような音楽を奏でることが出来るのかしらと思うほどの音楽でした。今回聴かせて頂き本当に良かったです。50代女性

●素晴らしい!迫力ある愛情に満ち溢れた演奏にすい込まれてしまいました。一層のご活躍を期待します。50代女性

●学園前ホールでお聴きして今回で2回目です。曲の最初から最後までの集中力と精神力にびっくりしました。私もピアニスト目指してがんばります。 10代女性

●「左手の・・・」とありますが、左手のみの演奏とは考えられない力を感じます。正しいかどうか分かりませんがバッハの無伴奏パルティータを聴いているようでした。つまり音が線としてではなく面(立体的な)であると言う意味です。60代男性

●力強いエネルギッシュな演奏と同時に澄んだ音色が耳に響きました。タピオラでは光と森のざわめき、水面が波立つイメージが伝わってきました。40代女性

●今回の第一部は初めて聴く曲ばかりでワクワクしながら聴きました。「エレジー」が大好きです。スタインウェイのピアノが思いの他軽い音色でびっくり。ピアノの音色の響きに包まれ、心地良い時間を過ごせました。40代女性

●響き渡る音と共に感動を与えて頂きありがとうございました。両手で弾かれているような力強さにびっくりしました。生きる力を与えていただきました。女性

●どの曲も素晴らしかったです。私自身も指の機能を失いスクリャービンから始めましたが、今日の中でタピオラが最高でした。スタインウェイ、良くうたっていました。ありがとうございました。

●実を言うと僕はコンサートに来るのは初めてでした。初コンサートが今日のようなものだったので、もう言葉に表せないほどの素晴らしさや感動を与えてもら いました。本当に来て良かったです。僕もピアノをやっていますが、僕の両手で弾くのと、智内さんの左手で弾くのを比べて恥ずかしくなりました。16歳男性

●こぼれ落ちてくるようなキラキラした音色を聴かせて頂き、心までキラキラしてくるようでした。子供にも聴かせたいです。30代女性

●智内サンのピアノは力強く左手だけで弾いているとは思えません。魂を揺さぶられます。40代女性

●ひとつのテーマと共にプログラムが構成されているのは面白いですね。ロマンスが特に素敵でした。これからもがんばってください。30代女性

●音がどんどん広がって行く。鍵盤からこぼれ落ちる光、水、風が心に響きました。40代女性

●智内さんの選曲、智内さんの主張を感じました。ピアノは思いを伝える媒体のように感じました。最後のアヴェ・マリアも普段より力強い曲に聴こえました。 50代女性
●スクリャービンが良かったです。カッチーニのアヴェ・マリアが聴けてよかったです。60代女性
●若さと力強さが溢れる素晴らしい演奏でした。ありがとうございました。50代女性

●グリーグとスクリャービンが特に美しい音で素晴らしかったです。吉松さんの曲は表現が多様で幻想的な感じがしました。トークも良かったです。40代女性

●難しい曲を左手だけで弾けてすごいと思いました。これからもがんばってください。10歳女性

●感動しました。左手だけの演奏だと言う事をすっかり忘れて聴き入ってしまうほど智内さんの音楽に深く惹き込まれました。硬質で力強くも優しさを感じる音でした。中でもタピオラは色鮮やかに眩しい幻景が浮かび、素晴らしかったです。15歳女性

●今日のコンサートを聴いて、私の心の中で森の木々のせせらぎ、自然のイメージが聴こえて来ました。感動しました。40代男性

2008/03/21 広島 ゲバントホール

広島 ゲバントホール
2008年3月21日(金) 午後6:00開場、午後6:30開演


広島という場所は僕にとり特別な意味をもつ場所です。
左手の演奏を開始した2004年、そこから左手一本での演奏の全てを一から研究し組みなおしました。そうしていくうちに左手の演奏世界が両手演奏とは別の 世界を持っている事を感じるようになり、それを世に知らせたいという思いが募りました。そして2005年の広島「どんな(両手の)ピアニストより壮大な音 楽の世界を描き出して見せる」と挑んだ日本演奏家連盟のオーディション。その後に広島交響楽団とラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲を演奏した事、これが 演奏家としての出発地点となりました。それから人の輪がどんどんと広がり、今では関西を中心に演奏活動をさせて頂けるようになって参りました。今回は初め ての広島市内でのソロコンサートとなりました。左手の音楽の世界には秀逸ながら演奏される機会の少ない名曲が多数あります。今後もそういった作品を含め、 左手の演奏世界を紹介していければと思います。
智内威雄



会場の声(アンケートより)

●「演奏とは聞く人の時の流れを変える行為」先日読んだ本に書いてありました。今日は本当にその通り、音楽の世界にひき込まれてしまいました。

●日頃クラシックと縁のない生活をしておりますが、来て見るとやはりライブはすごい。すごい迫力と繊細なメロディーに心洗われました。感動しました。

●神の手だと感じました。素晴らしい大きな喜びをもらいました。ありがとうございました。

●智内さんの左手の演奏は力強く生命の輝きに満ち満ちています。天上からの七色に輝く崇高な響きに魅了されると同時に、拝聴している私も心身共に元気になれました。心の琴線に響く素晴らしい演奏を本当にありがとうございました。

●第2部の詩の朗読とのコラボレーション、特に最初の詩と曲は絶妙の組み合わせでした。

●詩に音楽の風景が加わって胸にジーンときました。

●初めて聴くようなピアノの音でした。爽やかな笑顔も心に沁みました。

●音でこんなに色々なことを表せるのは本当にすごいと思いました。これからも沢山の方々に音を届けてください。私もがんばります。

●豊かな音と迫力のある演奏に引き込まれました。詩とのコラボレーションも素晴らしく感動いたしました。励まされた気持ちです。未来を信じようと思いました。感謝です。

●力強い音と美しい指さばきでピアノに不案内の私も感銘を受けました。人のなせる業に無限の可能性を感じました。

●全く妥協のない素晴らしい演奏を聴かせていただきました。

2008/02/29 宝塚 大林寺

宝塚 大林寺
2008年2月29日(日)午前11:00開演
チケット問い合わせ先:*チケット完売致しました
宝塚ふぁみりぃ劇場 079-787-062、


大林寺でのコンサートは「春をよぶコンサート」というタイトルを元に選曲させていただきました。当日は春を感じさせる陽気で、僕自身もそんな柔らかな空気に身を任せるようなのんびりとした気分のコンサートになりました。昔から音楽を演奏しながら、そこに流れる季節のようなものを音で捉え共有できたらなと思っていました。そんな春のひと時を皆様とゆったりと過ごせた事はとても有意義で、改めて音楽の可能性を感じました。来年の1月には宝塚ファミリー劇場の方々のお力を借りて宝塚でコンサートをさせて頂きます。またその時も、今回のような音を通して心を共有できる時間が持てたら幸せです。その時にまた皆様とお会い出来ます事を楽しみにしております。

2008年3月18日 智内威雄



会場の声(アンケートより)

●普通のコンサートと違い、おしゃべりも沢山あって、クラシックコンサートに慣れない私も飽きることなく最後まで楽しめました。智内さんのお人柄が表れた演奏で、なごやかな心地良い時間が過ごせました。(40代 女性)

●今までに4回演奏を聴かせて頂きましたが、今回は春のテーマにふさわしい優しいコンサートで楽しかったです。爽やかなコンサートでした。(50代 女性)

●ピアノの才能と共にビジュアル的な美しさにも恵まれた方でした。加えて楽天的で前向き、素直なお人柄。それら全てのハーモニーが極上のひと時をプレゼントしてくれたように思います。

●「春を呼ぶコンサート」にふさわしい、心地良い暖かさにつつまれたひと時でした。参加された皆様の表情にもそれを感じることが出来ました。私は同じ週に2回も聴くという贅沢な中で、ひとつの曲の持つイメージの違いにびっくりしました。それは智内さん自身もまた1回ごとに曲に対する思いが違っているということなのでしょうか。次はどんな思いを込めて演奏されるのかとても楽しみです。(50代 女性 主催関係の方)

●西宮芸術文化センター、セイドー、大林寺と聴かせて頂きましたが、同じ曲でも場所により随分とイメージが変わりますね。各曲の作曲者の思い入れも少し垣間見たような…。(40代 女性)

●目の前で生の演奏を聴くことが出来てとても贅沢なひと時を過ごすことが出来ました。目を閉じれば春の情景が浮かんでくるような、心が豊かになるコンサートでした。(50代 女性)

●クラシックに疎い私は、智内さんのお話を伺ってから聞く曲はイメージを膨らませることが出来てとても良かったです。(40代 女性)

●バイオリン、ハープ、トランペット…様々な楽器がありますけれど、ピアノは脳と心に深く響く音色だなあとつくづく感じました。智内さんのお人柄にもトークにもすっかり惚れ込んで大ファンになりました。最前列で見せて頂き、神々しい左手の動きに感動しました。(30代 女性)

2008/02/24 芦屋 セイドーサロン

芦屋 セイドーサロン
2008年2月24日(日)午後2:00開演
チケット問い合わせ先: 0797-22-9452、ホームページ



今回取り上げましたライネッケのピアノソナタはとても良い曲で、これからも弾き続けていきたい曲の一つです。いつかまた皆様の前で成長したライネッケ演奏を披露できるように精進してまいります。今後とも応援の程よろしくお願いいたします。またお会いできる事を楽しみにしています。

2008年2月28日 智内威雄



会場の声(アンケートより)

(以下会場アンケートより)

●初めて伺いましたが、演奏者との距離がとても近く、楽しめました。左手だけとは思えない多彩な音、力強い音にびっくりしました。左手用の曲がこんなにあるのも初めて知りました。素晴らしかったです。(60代 女性)

●とても感動的でした。是非もう一度聞きたいです。(40代 女性)

●シャコンヌ、楽しみにしていました。とても迫力のある演奏で満足!(40代 女性)

●バッハのシャコンヌ、良かったです。バッハとブラームスと智内さんの一体感というか、とても素敵な雰囲気でした。(30代 女性)

●初めて聴かせて頂きました。力強さと激しさ、柔かさ、やさしさ、楽しさ、等々、色々な表情の音が伝わってきてとても素敵でした。(40代 女性)

●良く定期的にコンサートに行くのですが、聞き惚れました。多くの人々に感動を与えてください。今後のご活躍を期待いたします。(50代 男性)

2008/01/17 芦屋ルナホール

芦屋ルナホール
芦屋市立山手中学校芸術鑑賞
2008/01/17(木)午後2:00開演
「1・17追悼メモリアルコンサート ~命~」



山手中学校の皆さまへ。

皆様にコンサートでお会い出来、嬉しかったです。ご父兄の皆様もご来場頂きありがとうございました。僕は中学生の時に音楽でショックを受けた事がありま す。それは音楽室にクラシック歌手がゲストで来てシューベルト作曲の「魔王」を僕達の前で歌った時の事です。その驚きは今でも鮮明に思い出されます。もち ろん事前に音楽授業などで、その曲を聞き勉強していたのですが、実際に近くで聞く音には何か目に見えない驚きを感じました。何か気配を感じるような。そう いった第六感に直接響いてくる表現であったように思えます。今から数十年前、自然に囲まれた遊び場が沢山あった時代には、森の木陰に入るときであったり、 茂みに入るときであったりと何か気配を感じるような感覚、その「何か」が日常に溢れていたはずです。「何か」を感じとる事は、社会で直ぐに役に立つ事では ないのですが、人が人を感じるうえではとても重要な感覚であるように思えます。音楽というのは、元々そういった第六感に直接訴えることが出来る芸術分野で もあります。そういった経験をする事が少なくなってしまった現代に、音を通して皆様に「何か」を感じて頂ける演奏ができたらと思います。
これからも山手中学校の生徒の皆様のご成長を楽しみにしています。

2008年1月19日 智内威雄



山手中学校の皆さまへ。

13年前のこの日に起こった震災の日、1/17に智内威雄さんのコンサートを開催していただきありがとうございました。しかも、亡くなった息子、貴光も生前このルナホールへ足を運び将来の夢への足掛かりとなる講演会を聴講したそうで、私はルナホールに対して特別な想いを抱いていました。そんな大切なホールで、すてきなコンサートへ参加させていただき、素晴らしい思い出となりました。智内威雄さんの演奏と、私のメッセージに心を傾けてくださった皆さま方に心から感謝申し上げます。芸術を愛し楽しむことは、豊かな心を育むでしょう。山手中学校の生徒の皆さま方がこのコンサートに心を傾けて聴いてくださってる様子が今でもくっきりと蘇り感動のひとときを忘れることができません。生徒の皆さま方、ご父兄の皆さま方、そして、校長先生はじめ関係者の方々に心から感謝申し上げます。皆さま方の心をいただいたことは、険しい道を生きる支えとなります。ありがとうございました。

2008年1月23日 加藤りつこ




会場の声(アンケートより)

●智内さんの左手の演奏を聴いて、左手だけで弾いているとは思えない迫力のある演奏でびっくりしました。僕はピアノの知識など全然持っていませんが、智内さんの演奏には身にしみる思いや感情がありました。テレビなどでお見かけすることがあれば聴いてみたいと思います。でも1月17日に生の演奏を聴けたことを光栄に思います。

●私はピアノを習っていますが、左手だとあまり強い音が出ません。なのに智内さんは左手がとても力強く、ホールの上のほうで聴いていた私にもはっきりと聴こえました。目を閉じて聴いていると両手で弾いているように聴こえました。智内さんの演奏には人に勇気を与えるようだったので感動しました。

●曲から色々なイメージが伝わってきて鳥肌が立ったところが沢山ありました。

●智内さんの演奏は、悲しいところは悲しい感じで聴こえました。僕は最後まで真剣に聴きました。

●本当は、はじめに左手だけの演奏と聞いて、失礼ですが、あまりすごくないんじゃないかなと思っていました。でも、実際は僕の想像をはるかに超えていました。前のスクリーンを見ると手の移動がすごく速いのが分かります。演奏された曲の意味みたいなものがすごく伝わってきました。

●智内さんのピアノの音は、ピアノではないと思うぐらい本当に素敵な音でした。手は踊っているようでした。その音と手は心と魂が入っているようで姿とともに深く心に刻まれた気がします。そして生きているというぬくもりを感じました。

●智内さんの演奏は本当にすごかったです。私はピアノをやっています。「もしも右手が動かなくなったら」と思うと怖くなります。でも今日、左手でも人の心を動かせる音楽ができるということを実感しました。一音一音心のこもった音でした。なんだか暖かかったです。

●僕はピアノを弾くことは出来ません。コンサートにも行ったことがありません。妹がピアノを習っていますがそれに興味を持ったこともありません。なのに智内さんの演奏を聴いてびっくりしました。「ピアノはこんな音が出るのか!」とか「こんなスピードで手が動くのか!」など、初めて知ったことが沢山ありました。「別れの曲」は知っていました。でもこんな「別れの曲」は初めてでした。正直、僕はCDで聴いたことがある「別れの曲」より智内さんが左手だけで弾く「別れの曲」のほうが好きだなあと思いました。なんでか良く分かりませんが、良い曲だなあと心から思いました。今でも頭から離れません。

●私が聴いたことのある曲が1曲ありました!智内さんが弾く曲はとてもきれいで、体がとても温まる感じがしました。心地良くなりました。

●私はピアノを習ったことがあるので、聞いた事がある曲もありました。聞き始めたときは「きれいだなあ」と思っただけだったけど、「別れの曲」を聴いたときはジーンとなりました。またピアノを習いたくなりました。

●自分でなんでか分からないけれど、涙が出てきました。どう言っていいか分かりませんが、心にまで届く音を初めて聞きました。

●ぼくはこのコンサートを通して、同じ曲でも演奏者の弾き方や気持ちで、また異なった印象を受けるのだと知りました。ピアニストは曲の中に隠された作曲者の気持ちを読み取ることと、プラスアルファが必要なのだとも知りました。

●智内さんの演奏は両手で弾いているとしか思えない、それでいて両手でピアノを弾く人がする演奏とは何か違うものを感じました。

●智内さんはとても強い人だと思いました。気持ちがピアノの一音一音で表現されているように聴こえました。「良い演奏を聴くと鳥肌が立つ」と聞いた事がありますが、智内さんの演奏は本素晴らしく、本当に鳥肌が立ちました。私が感じていた音楽の世界よりも、ほんとうはもっと深く広いということが知れてよかったです。

●僕はテレビで智内さんのことは知っていましたが、その時はあまり関心がなく見ていました。でも智内さんの演奏を実際に聴いてすごいと思いました。僕は正直、音楽は嫌いだし、この世になくても良いものだと思っていました。でも智内さんの演奏を聴いて音楽もなかなか良いと思いました。

●智内さんの演奏を聴いて色んなことが分かりました。ひとつは音楽のすごさです。僕はピアノの演奏を聴いてもしかたないと思っていました。でも智内さんの演奏が始まって、僕はいつの間にか演奏をしっかり聴いていました。音楽は興味がない僕でも音楽の世界に入り込めるところがすごいと思いました。

●僕はまず、智内さんのピアノ演奏にはとても心がこもっていると感じました。いつもピアノを聞くだけだと「すごいな」と思うだけなのですが、智内さんの演奏を聴くと、その演奏に合ったたくさんの情景が頭の中に浮かんできました。僕は15年間でこのようなことがあったのは初めてでした。だから智内さんの演奏に心を打たれました。

2008/01/14 奈良学園前ホール

奈良学園前ホール
2008年1月14日(月、祭日) 午後6:00開演
「左手のピアニスト・智内威雄 Piano & Talk 」


奈良学園前ホールのコンサートにご来場頂き有難うございました。 音を通した対話はとても楽しく、今回もまた素晴らしい雰囲気の中で演奏をさせて頂きました。そして今回は「トークも入れて!」とのご要望が多数ありましたので、あまり馴れないトークにも挑戦しました。結局、日常会話通りの喋りで「僕のピアノ室へようこそ」といった趣になっていたかもしれません。(もう少し背伸びをした事を言いたかったのですが・・)ここのホールとピアノは僕好みの音を出してくれます。2月後半には、ここ学園前ホールにて録音、録画の予定です。今回は弾かなかったバッハ(ブラームス):シャコンヌ等を録画、録音しリリースいたします。まだまだ未熟ですが周りの方々からの暖かいご支援に支えられています。今後とも応援の程よろしくお願いいたします。またお会いできる事を楽しみにしています。 2008年1月19日 智内威雄


会場の声(アンケートより)

●別れの曲は私も弾きますが、私の演奏はペラペラ(!?)です。智内さんの演奏は左手だけのはずが、実は心の手、神の手と、3本、いえ、千手観音様の手がおありだと思いました。

●ピアノのコンサートは初めてですが、ものすごく感動しました。知らない曲さえ聞き惚れてしまいました。左手のすごく速い動きに魅了されました。ご自身で編曲されることはありますか?これからも色んな曲を聴きたいです。

●今日は素敵な演奏をありがとうございました。とても感動し、光のシャワーを浴びたようで、体全体美しい音に包まれ、幸せ感いっぱいで帰宅させて頂きます。

●体の真中心から溢れるように流れる音に感動しました。

●ちょうど手の見えない位置に座っていたのですが、左手だけで演奏されているとは信じられませんでした。不可能を可能にされ、精神的にとても強い方だと思いました。

●何事においても自信を持つ勇気と元気をもらったコンサートでした。

●芸術家であるピアニストとしてだけではなく、技術者としてのピアニストとしても楽しませていただきました。音が澄み切って聴こえました。

●友達に誘われて来ました。友達に感謝です。またピアノを弾きたくなりました。

●とても気さくな感じの方で、ふんわりと楽しく聴かせて頂きました。とても心地の良い時間をありがとうございました。

●魔法の手のようでした。おかあさんとおばあちゃんと来ました。私は8歳です。

●左手だけで弾いているとは思えない迫力と力強さでした。努力されたことと思います。私もこれから落ち込んだ時にきっと今日のことを思い出します。

●アンコールの吉松さんの曲は難しすぎ!と思いましたが素敵な曲ですね。言葉に出来ないほど壮絶な体験をされたことと思いますが、その経験は今こうして沢 山の人の心に響いております。これからも魂のある音楽家であってください。個人的には協奏曲を期待しています。

●29歳男性です。私自身も困難を克服して働き、自分に打ち勝ってこれからより力強く生きていく為に智内さんのお姿を糧にがんばって生きて行きます。

●今、とても大切な人の命が消えかかっております。今日の別れの歌は心にズシンと響きました。ピアノのコンサートは初めてです。それが智内さんのコンサートでとてもラッキーでした。

●力強い音、躍動するリズムに心から感動しました。最後のシベリウスの曲、なぜか涙が止まりませんでした。

●智内さんのコンサートは2度目です。次回も絶対行きたいです!

保護中: メディア

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 写真

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2007/12/27 盛岡マリオスホール

盛岡マリオスホール
2007年12月27日(木)午後7:00開演
「智内威雄・一戸香織ジョイントリサイタル


足をお運び頂き、ありがとうございました。2007年最後のコンサートとなりました。思えば2006年に盛岡マリオスホールでコンサートをさせて頂いた事が、左手の演奏のスタイルを見つけるきっかけとなりました。その思い出の場所に一年ぶりに戻り、皆様にお会い出来てとてもうれしかったです。この会を企画して頂いたスタッフの皆様、そしてコンサートにご来場いただいた皆様にこの場をお借りして、感謝の御礼を申し上げます。これからも応援のほど宜しくお願いいたします


会場の声(アンケートより)

2007年12月30日 盛岡タイムズ:〈音楽時評〉渡部精治
智内さんは大学在学中にジスとニアという病気に侵され、ピアニストとしては最も重要な、右手の機能を失ってしまい、以後左手のみによる不屈の努力により演奏家として蘇った才能豊かな音楽家である。<<中略>>智内さんは日本人作曲家の組曲とショパンの練習曲より第3番を弾いた。ともに巧妙に編曲されていて、アルペジョなどに要する時間の経過も、その後先の巧妙な連結と強弱の利いたメリハリのある演奏進行が自然に行われ、堂々とした風格が醸し出されいてた。<<中略>>音楽で大切な「間」を演出して、素晴らしいの一言に尽きる演奏であった。