2011/09/23 名古屋宗次ホール

●名古屋:宗次ホール

2011年9月23日(金・秋分の日)
スイーツタイムコンサート 13:00開場 13:30開演

詳細>>HP

※曲目変更のお知らせ:
当日はバルトーク、リスト、レーガーの左手作品と、近藤浩平:海辺の祈り、海辺の雪、他を入れたプログラムになります。



演奏後記

今回で3回目となる宗次ホールの公演でした。

コンサートの2日前に、台風の影響から名古屋で100万人以上に避難勧告がでるという非常事態がおきました。母方の実家が名古屋であり、伊勢湾台風の話を昔から聞かされていたのですが、今回の台風では、その話が頭をよぎりました。

幸いな事にコンサート当日は天候に恵まれ清々しい秋晴れの一日でした。
名古屋に演奏を通して戻れる事は、とても嬉しいです。

去年のコンサートから一年が過ぎた事になります。その間にも「左手のアーカイブ」が少しずつ形になり、10月には第4作目のCD完成予定など、演奏家としての方向も徐々に定まってきているような気がします。

この一年の間と言えば、一番大きな事は3月に起きた大震災でしょう。価値観を根底から覆される衝撃が世界に走りました。私たち音楽家の間でも、今までのような姿勢で社会と接していて良いのだろうかと悩む者が多くいます。いろいろと考えさせられます。

今回はこのコンサートから2曲ほど演奏を一般公開させていただきます(近藤浩平さんの作品)。震災に関連した楽曲ですが、この日本的な無の美しさをもつ音楽は、心奪われるような魅力を持っています。繊細なタッチと重厚な音を持ち合わせるスタインウェイのピアノ、音が美しく伸びるホール、響きにゆったりと身を委ね、演奏会の事を思い出していただければ幸いです。

今後とも応援のほど宜しくお願いいたします。

智内威雄(2011年9月23日)

会場の声

●娘がピアノを勉強しているのですが、部活動中に右手薬指を骨折し、しばらく右手でピアノの練習ができなくなりました。発表会を前に左手だけで弾ける曲はないかとYouTubeなどの動画サイトで色々探していました。そんな時、智内さんが演奏するカールライネッケの「左手のためのピアノソナタ」を拝聴しました。その出会いは衝撃的で本当にびっくりし、とても気に入りました。娘もとても気に入り、10月の発表会ではこのソナタの2楽章を弾くことにしました。左手だけで弾く練習は、娘にとっては苦労することも多く、なかなか大変そうです。しかし、すてきな曲になるように日々励んでいます。今日は娘も連れて、とても楽しみにコンサートに来ました。またコンサートを開かれるときは是非左手のためのソナタを演奏してください!どの演奏もとても素敵でひきこまれました。特に娘2人と私が一致して気に入ったのは、スクリャービンの夜想曲でした。ありがとうございました!!40代女性

●とても精神性の高い音楽を聴かせていただきました。音楽は人ですね。心が深く引き込まれたコンサートでした。またの機会を楽しみにしております。30代女性

●6月の演奏会で初めて聴かせて頂きました。音色の豊かさ、広がりを感じ、とてもきれいでした。同じ病を持つピアニストとしてとても共感を覚えました。前回は音楽教室大のホールでしたので、失礼に聞こえるかも知れませんが、それ程響きの豊かさを感じることができませんでしたが、本日のホールは違和感なく、演奏に聴き入る事が出来ました。今日来て良かったです。ありがとうございます。レーガーの「フーガ」はどのようにしたらあの表現ができるのでしょうか?pp(ppp)の響きがとてもきれいでした。「スクリャービン」・・・力強さと繊細さが感じられてとても良かった。右手だけの曲もありますか?50代女性

●すばらしい演奏をありがとうございました。映画「黒いオルフェ」を聞いて青春時代を思い出しました。50代

●宮沢賢治のセロ弾きのゴーシュのお話に出てくるセロの中に入れてもらってゴーシュに演奏してもらい、出てきてみたら病気が治っていた小動物のような気持ちです。智内さんの性格?!が垣間見えるような演奏でした。大胆で男らしい方でしょうか?もう少し細やかで優しいのが個人的には好みですわ。でも力強くてよかったです♪左手のみを使った演奏をなさる事、苦しみを乗り越えて前進して来られた事、私と同じ年・・・ということで興味を持ち、滅多にコンサートに足を運ぶことのない私がのこのこと出向いて参りました。そんなことを語るよりも演奏を聞いて!とお思いかもしれないのですが、私はそういう内面の変わりゆく様、心の力が発揮されて現在に至ったお話を是非聞いてみたいです。来させて頂いてとても良かったです。智内さんが元気でイキイキ、サバサバと活躍されている姿に刺激を受けました。私も元気でイキイキ、サバサバと生きたくなりました。ありがとうございました。益々活躍なさって下さいませ。30代女性

●いつも大変素晴らしい演奏に感激致します。心を洗われるような、魂の浄化されるようなピアノの音、どうするとあの音が出るのでしょう。全くの趣味でピアノを楽しんでいますが、音とは多ければにぎやかというものでもなく、一音の響きが大切なことを学びます。ピアノを弾いておられるというより、ピアノと一体となり、また、思いがそのまま指先からピアノを通して音となり、聴く者に伝わる感じです。ほんとうにほんとうに素晴らしいです。精神生活も音となって現れるのかも知れません。ピアノの練習と共に心も美しく心掛けたいと思います。60代女性

●近藤浩平による2曲。3.11の情景が目に浮かびました。ピアノの余韻がお寺の鐘のような響きに聞こえ、祈りの声を発しているようでした。今日は2階で聞かせていただきました。低音がよく響き、力強さを感じました。暗い中で響きました。70代女性

●正しく弾くということは論外の事として、演奏家それぞれに個性が感じられ、おもしろく思います。貴殿の演奏は一つ一つ音が秀出て踊り出す趣きがあります。Balletではなく、歌舞伎の例えば娘道成寺で女形が乱舞するような。次の宗次ホールでの演奏会を楽しみにしております。60代男性

●素晴しい演奏を聴かせて頂き、どうも有難うございました。ここ迄の御苦労と苦悩を思いながら、一音一音に耳を傾けて居りました。どうぞ今後も御身体を大切に一層の御活躍をお祈り申し上げます。60代女性

●スバラシイ!!私右半身付随ですが、リハを頑張り、真多呂人形を教えています。あなたからパワーをもらったわ!これからもどうぞガンバッテ、スバラシイ人生を!!

●色の彩がとってもくっきりと、そして絡み合った音でした。とても片手だけとは思えなく感動しました。

●全ての曲が良かったです。目をつぶって余韻に浸りながら、時々、目を開けて本当に左手だけかしらと見ていました。60代女性

●左手だけの演奏とはとても思えない程すばらしい演奏でした。海辺の祈り、海辺の雪は感動しました。60代男性

●どの曲も左手だけで弾いているとは思えないほど迫力があってすごいと思いました。スクリャービンの曲とアンコールの曲がとても良かったです。

●私は絵を描きます。今日初めてレーガーの曲を聴きましたが、眼を閉じているとピアノの曲に乗って、次々と様々なエスキースが頭の中に浮かんできました。力強く、又、楽しく、穏やかにと眼の前で見ている様になるので不思議です。50代女性

●初めて演奏聴かせていただきました。片手だけで弾いているとは思えないすばらしい演奏でした。音の厚みや色彩感豊かな演奏に引き込まれ圧倒されました。左手だけでピアノを練習している友人と一緒に聴きに来ましたが、とても励ましをいただきました。女性

会場の音



Music “Snow on the Seashore: In memoriam of the victims of the earthquake and the tsunami” [Op.122] Composed by Kohei KONDO. [http://koheikondo.com]
Music “Prayer on the Seashore: In memoriam of the victims of the earthquake and the nuclear reactors” [Op.121] Composed by Kohei KONDO. [http://koheikondo.com]