tweet

◆♫ コンサート情報 

◆✉お問い合わせ先 

◆🎧 募金CD・楽譜(外部サイト)

◆🍁活動方針・経歴等 

 

名古屋の宗次ホールで、2024年3月30日(土)にソロリサイタルが開催されます。宗次ホールには響きに包み込まれるような心地よさがあり、そして演奏者の息つかいまで感じられるほどの近さも特徴だと思います。
前回のリサイタルは2017年に行われ、今回は少し間があきましたが、久しぶりの演奏会となります。数えてみると宗次ホールでのリサイタルはこれで8回目となります。
演目は子ども達が作曲した楽曲から、現代作曲家が作曲した楽曲まで、幅広いレパートリーを用意しています。様々な種類と時代の楽曲が演奏されます。その多様性も今回のプログラムの魅力になっています。詳細は追ってお知らせします。
春休みの朗らかな時期に開催されるこのリサイタルで、音楽の世界に触れる心豊かなひとときを共有できればと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしています。
2024年3/30(土)14:00開演
左手のピアニスト 智内威雄リサイタル
宗次ホール
名古屋市中区栄4丁目5番14号
TEL:052-265-1715

https://munetsuguhall.com/performance/general/entry-3554.html?fbclid=IwAR2ICXaI_nNUpKrfoCyxQ61xmHmMkCwamhf4CfAkw0e9ngsg6d9YUWRovXk

投稿日:2024年2月7日


2月21日 初台の #東京オペラシティ リサイタルホールで #近藤浩平 さんの小個展があり、そこで演奏を担当します。演奏曲目は「海辺の祈り」「海辺の雪」「三段峡と八幡高原 」です。

彼の楽曲と出会ったのは東日本大震災のすぐ後のことで、左手演奏版の「#海辺の祈り 〜震災と原子炉の犠牲者への追悼〜」の演奏者を探していると友人から頼まれたことがきっかけでした。震災直後という特殊な状況でしたが、その楽曲にはまさに祈りに満ちた強烈なオーラがあり、その世界観を表現することで救われた思いがしました。この楽曲はシンプルでありながらも、その余白に響きを多く含む作りになっており、左手のピアノ演奏との相性がとても良いです。

その後に「#海辺の雪 〜震災と津波の犠牲者への追悼〜」を私から委嘱し、今度は初演まで時間をかけてじっくりと向き合い仕上げていきました。その独特な表現は海辺の祈りと似ていましたが、より一層深みが増しています。初演を行った名古屋宗次ホールでは、弾いているうちに聴衆の気配が徐々に消えていき、最後は私一人が舞台に取り残されていくような不思議な感覚・錯覚がありました。そのような経験は、なかなか無いものです。

「#三段峡と八幡高原 〜安芸の山々~西中国山地〜」 は #左手のピアノ国際コンクール の #作曲部門 を開いた時に委嘱した楽曲です。こちらは近藤浩平さんの世界観の集大成といった楽曲になっています。私の教え子に、この楽曲を演奏して聴かせたところ「ご利益がありそうだ」と目を輝かせ言われたのを思い出します。ピアノ演奏をきかせてご利益を感じさせるなど、他の曲には無い世界観でしょう。近藤さんの左手のピアノ曲には独特な神秘性を持つ曲が多くあります。
オペラシティは素晴らしい環境にあるホールです。近藤浩平さんの小個展の前には、現音作曲新人賞本選会があります。現代を呼吸する神秘的な音楽世界を感じていただければ幸いです。

http://tchinai.com/?page_id=16926 (さらに…)

投稿日:2023年12月15日


「第9回 ワンハンドピアノフェスタ! in 東京』が開催されました。コロナ以降、もっとも多くの方が会に戻ってこられたこともあり、会場は喜びに満ちていました。そして開始時刻を大幅に前倒する必要がでてきたりと、活気あふれる会になりました。

ワンハンドピアノフェスタは、2013年に東京で開催したのが初回でしたので今年で10年という記念の会となりました。時の流れに驚くとともに、それだけの長さがあったことも皆で振り返りながら感じました。

その10年前から変わらず応援し続けてくださる方も多く、まさに「ファミリー」といった雰囲気が会場にはあります。ここに来ると「帰ってきた」と感じます。会場のそこかしこでも「あー、あの時の!」という何かを懐かしむ会話が聞こえてきました。年月の積み重ねを感じます。

そして今回から新しく演奏参加される方、聴講参加される方も多く、音楽への情熱の輪が広がっていることも再認識しました。 (さらに…)

投稿日:2023年11月26日


11月26日(日)11時(予定)から #愛媛県県民文化会館 メインホールにて、『#看取りから芸術へ』と題して、父・智内兄助との対談、私のピアノ演奏を行います。母の生前のライブ映像も流す予定があるようです。

#日本死の臨床研究会 は、緩和ケアに関連した団体が集まる大規模な学会であり、毎回持ち回りで各都市で行われています。今回は愛媛で行われます。大会には #山折哲雄 先生の講演会はじめとして、多くの素晴らしい講演が予定されています。文化芸術活動の活発な愛媛らしい大会になっています。 (さらに…)

投稿日:2023年11月3日


次の日曜日11月5日に京都でコンサートがあります。お近くの方はぜひお越しください。会場は #遠藤剛熈美術館 です。昨年 #KBS京都 制作のインタビュー番組「#比叡の光 – 左手のピアニスト」を収録した会場です。美術館建物、油絵が持つ重厚さと秋の深まりが良く馴染み、京都ならではの空間を生み出しています。

「智内威雄 「アフタヌーンコンサート~左手で奏でるピアノの響き~」
日時:11 月5 日(日)午後2:00 開演
会場:遠藤剛熈美術館(下京区猪熊通高辻下ル・阪急電車大宮駅より徒歩7 分)
料金:全席自由・税込 一般\3,000 /学生\2,000 で販売中
チケットの販売やお問い合わせについては、
フォレスト京都 事務局、電話080-3130-6137 までお問い合わせ下さい。

写真は先日 #KBS京都ラジオ の #妹尾和夫 さんの番組に出演した際のものです。
#妹尾和夫 #遠藤奈美
#智内威雄 #左手のピアニスト

コンサートへのリンク

投稿日:2023年11月1日


奈良新聞朝刊(2023年10月11日)に、9月23日開催しましたなら100年会館コンサートの記事が掲載されました。
 

投稿日:2023年10月11日


連休最終日に行われましたワンハンドピアノフェスタ!in OSAKAは、昨年よりも参加者が大幅に増えるなど、開催前から私たちの期待も高まっていました。

一般参加型のイベントであり、皆さまの演奏、私のレクチャーや演奏、そして最後には交流会が行われました。コロナ前の活気を取り戻したように感じられます。関東、東海、九州、中国、そして地元関西から多くの方が集まられました。

今回から第二部にアンサンブル・コーナーが設けられるなど新たな試みが行われ、参加者同士で和やかな交流がされました。打ち上げでもどなたかが言われていましたが「ワンハンドファミリーの暖かさ」があるように感じられます。

思い返しても色々な演奏があったなと思います。初めて演奏参加される方にベテランの方、歴史的価値のある楽曲を演奏される方、ご自身で編曲をして演奏をされる方、作曲家に委嘱した曲を演奏されるかた、作曲家自身が自作を演奏披露してくださりもしました。そして新たな表現を模索して、片手と声を使った素晴らしいパフォーマンスをしてくださった方、コンピューターに打ち込んだ自作と共演された方。
交流会では、その演奏方法、楽譜情報交換、楽曲委嘱を行う方もいらっしゃいました。そして、それらを発表する演奏の機会作りなども話し合われたりと、さまざまな広がりが生まれました。

皆さまの声に後押しされて、それらを具現化すべく努力を重ねてまいります。今後も新たな出会いや広がりがあることでしょう。また次の機会にお会いできることを楽しみにしています。たくさんのアイディアと希望をいただきました。またこれからが楽しみですね。

投稿日:2023年10月10日


この週末に大阪四條畷でコンサート出演と、箕面市でのフェスタ主催を行いました。初日は四條畷市市民総合センターでのジョイントコンサート、最終日は箕面市で「ワンハンドピアノフェスタ in OSAKA」、縁の広がりを感じる実りある3連休になりました。

四條畷のジョイントコンサートは、左手のピアノ国際コンクールの関連イベントとして毎年開催されています。#左手のピアノ国際コンクール には、障がいある若者を応援・育成できるといった内容の賞が準備されており、その賞を受賞された久本久子さんが中心となり、企画の会議を重ねて方向づけをしてきました。

今回は、愛媛県 #今治市 からコンクールに参加してくれていた河野信幸くんに、新たなチャレンジをプレゼントすることになり、久本さん自身が指揮をされている「#交野うたう会」の協力のもと、「初めての合唱伴奏」という企画を入れました。曲目は「翼をください」です。久本さんが事前に今治に入り河野くんにレッスンを行ってくださったり、当日も久本さんの素晴らしいアイディアで会場が一体となり、河野くんの伴奏で合唱をする演出もされました。市民総合センターの皆さまのご協力、スタッフの皆さまのご協力、そしてかたのうたう会の皆さまの素晴らしい歌声に支えられて、充実したコンサートとなりました。ありがとうございました。

投稿日:2023年10月10日


#日本現代音楽協会 の新作募集の締め切りは、10月10日なります。詳しくは以下のURLからご覧ください。どのような作品が集まるか楽しみです。

#左手のピアノ作品募集!10月10日(火)🎹

左手のピアニスト智内威雄レクチャー「左手のピアノ曲を書く」6月12日大阪で開催

投稿日:2023年9月29日


左手のピアノ国際コンクールのドキュメンタリー作品『私は左手のピアニスト ~希望の響き 世界初のコンクール~(前・後編)』が再放送されます。今回で10回目の再放送と聞いています。多くの方にこの分野の魅力が伝わることを期待しています。

9月29日(金) 午前9:30 〜 午前11:13
9月29日(金) 午前9:30 〜 午前11:13
9月30日(土) 午前0:00 〜 午前1:43
9月30日(土) 午前0:00 〜 午前1:43

BS1スペシャル 私は左手のピアニスト ~希望の響き 世界初のコンクール~(前・後編)(2019年)2018年、大阪で「左手のピアノ国際コンクール」が開催。集まったのは右手を病気や事故で痛め、左手で演奏することを選んだピアニストたち。「挫折から希望へ」。出場者たちは左手だけで演奏する曲に出会い、その新たな世界に魅了されている。左手のピアノ曲が生まれた意外な歴史もたどりながら、その魅力を伝える。

投稿日:2023年9月26日


なら100年会館に足をお運びいただき、ありがとうございました。今までにも奈良では様々な試みをしてきましたが、今回も多くのことを学ばせていただきました。

前半は左手のピアノ演奏の可能性を知っていただくためために、多くの違ったキャラクターをプログラムに組み込みました。

そして後半は二台のピアノで行う三手演奏。こうして三手での初めての本番を終えて思うのは、一般の二台四手の演奏とは大きく違う世界があったということでした。

両手演奏同士の四手演奏は音の量からもオーケストラのようなキャラクターに近づくのに対して、三手の演奏は、音の量からもチェロソナタのような、単旋律楽器+ピアノといったキャラクターに近づくことに気がつきました。 (さらに…)

投稿日:2023年9月24日


今年は「ワンハンド・ピアノフェスタ!」開催10年周年の記念年になります。今年も多くの参加申し込みをいただきました。ありがとうございます。参加申し込みは締め切らせていただきました。今回も皆さまとワンハンドピアノの魅力を共有できることを楽しみにしています。

提出いただきました曲目リストを見ても、近代の先鋭的な左手楽曲を演奏される方、自作の作品を演奏される現代作曲家の方、唱歌・童謡の編曲楽曲を演奏される方、シャンソン調の弾き語りをされる方、そして今回から開始される室内楽曲を演奏される方、多様な片手演奏のあり方が示されています。

この「ワンハンド・ピアノフェスタ!」が発祥となり、参加者たちが身近な駅ピアノであったり、各地の音楽イベントで片手演奏を披露されるようになったり、それだけにとどまらず様々な片手演奏のイベントも開催されるようになるなど、縁が広がっています。10周年を迎えるフェスタの重要性を改めて感じます。

運営面でも、未来の「#左手のピアニスト」を育てるために、ピアニスト達を企画・運営スタッフや、ゲスト出演枠に入れるなどの試みが毎回行われ、その中からはプロの演奏活動を開始した者も出てきています。

この演奏分野は、第一次世界大戦がきっかけで花咲きました。フェスタは、その苦難の歴史を開かれた未来に繋ぐための大切な架け橋としても発展しています。今後も様々な試みをしていきます。応援のほどよろしくお願いいたします。

#ワンハンドピアノフェスタ
#左手のピアノ国際コンクール
#Wittgenstein
#両国門天ホール #メイプルホール

投稿日:2023年9月16日


来月10月に #四條畷市 で、#左手のピアノ国際コンクール に関連したコンサート・イベントを行います。私も演奏いたします。

このコンサートでは、第二回の「左手のピアノ国際コンクール」に入選した中学生の #左手のピアニスト #河野信幸 くんが、地元の合唱団の協力のもと、初めての合唱伴奏にチャレンジします。とても大切な経験になると思います。私も合唱伴奏がきっかけでピアノ演奏がより好きになった思い出があります。

#左手のピアノ国際コンクール は、#ワンハンドピアノフェスタ と同じく、その場の演奏だけではなく、そこでの出会いであったり、その後の広がりを大切にしています。

今回のコラボレーションも、そんな広がりから生まれた演奏会です。このようなチャンスを与えてくださいました #久本久子 さん、そして#交野うたう会 の皆さまに感謝しております。 (さらに…)

投稿日:2023年9月8日


今朝(2023/09/07)の#毎日新聞 関西版 に記事が掲載されました。Web版も用意されていますのでご覧ください。
https://mainichi.jp/articles/20230907/ddl/k27/040/268000c

投稿日:2023年9月7日


投稿日:2023年9月6日


左手のピアニスト 智内威雄


活動方針・略歴

“苦難の歴史を乗り越えた芸術を、
開かれた未来のために”


 私にとって左手のピアノ楽曲は、まず新たな分野と出会った驚きであり、そして再びピアノを弾ける喜び、音楽を続けられる喜びでした。私は、音楽が持つ普遍的な芸術の力、その可能性を強く信じさせられました。

 その音楽芸術の力により、障害をもつ個人は勇気を得ることができると気づきました。このような個々の営みの蓄積が、いつか垣根のない社会の実現につながるのではないでしょうか。

 この私の願いは、歴史的な楽曲の再発見を通して養われました。数世紀にわたって書かれてきた左手のためのピアノ楽曲は、戦争などの厳しい状況下でも音楽を心の支えに生きたピアニスト達の歴史が刻まれており、そして優れた楽曲が数多く存在しています。しかしそれらの深い表現力を呼び起こす楽曲の多くは、再演される事無く、散逸した状況が続いていました。

 私は、歴史を再発見し、優れた価値が再び埋もれないようにするための努力が必要であると考えました。そして現代においては、片手のための音楽の価値を高め、人々と分かち合えるようにするための教育と普及の必要性をも感じました。

 そのために「左手のアーカイブ」プロジェクトと「ワンハンドピアノレッスン」というふたつの環境づくりの活動に取り組んでいます。

 皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。


左手のピアニスト・智内威雄(ちないたけお)

公式Facebook https://www.facebook.com/pianisttchinai

  

音楽活動について

Mission

 片手によるピアノ演奏を通して、音楽の喜びを次世代に伝えます。

Vision

 未来のピアニストの礎となる演奏を発信します。そして音楽の喜びを分かち合える発展的な環境を作ります。

Value

 忘れ去られてしまった音楽分野の再発見と復興が行われます。その独創的な表現により、多くの者に器楽を演奏する新たな喜びを与えられます。それらを普及させる環境作りを行うことで、より多くの者が垣根の無い音楽・楽器演奏の魅力を体験できます。

 

「左手のアーカイブ」プロジェクト(LHPM)

 
 「左手のアーカイブ」プロジェクトは、2010年、現在も左手のみによる演奏活動を続ける「左手のピアニスト」智内威雄が中心となり発足しました。
 その目的は、左手のためのピアノ作品という忘れ去られてしまった貴重な音楽作品の発掘・復興と、左手を主とする片手演奏の認知向上と普及振興にあります。
 以下の2点を主要な活動として位置づけています。

1)埋もれてしまった歴史的名曲の録音・映像の作品化
2)中級・上級者のための新曲・編曲など、委嘱作品を含む楽曲楽譜の作成


 1)において、演奏されなくなってしまった左手の楽曲を、智内威雄の演奏を中心として収録し、一般に入手しやすい形でパッケージ化します。演奏映像を定点でカメラに収めることで、片手演奏特有の指や体の使い方などの演奏法を学ぶことができるよう配慮しています。

 2)において、元来、上級者あるいは職業演奏家のために書かれた左手演奏用楽曲の世界に、様々なレベルを設定することで、より多くの演奏者がチャレンジできレベルアップしていくことができる環境を作ります。さまざまなキャリアを有する作曲者に新たな楽曲の作曲や編曲を委嘱し、現在進行形の音楽芸術としての復興を目指すとともに、作曲家と演奏家のネットワークを作ります。

 このように日々、プロジェクトメンバー間で密な連携をとりつつ地道な活動を継続している一方で、昨今は活動を支援してくださる一般の皆様との接点として、イベントの開催にも注力しています。

 現在「左手のアーカイブ」が主催するイベントとしては、「左手のアーカイブコンサート」と「ワンハンドピアノフェスタ!」の2つがあります。

 「左手のアーカイブコンサート」は、第一線で活動するピアニストによるライブ演奏を通して、左手演奏の魅力を知っていただくコンサートイベントであり、「左手のアーカイブ」の活動報告等メッセージをお伝えしつつ、支援者の皆様との交流を図る場として機能しています。

 「ワンハンドピアノフェスタ!」は、2013年より始めた、公開レッスン、発表会、講義を含む、いわゆるワークショップ形式の交流イベントです。ここでは左手のみならず、片手演奏に親しむ者同士の交流と、演奏発表の場を提供します。

 この優れた音楽分野を世に広く知らせると同時に、潜在的に相当数にのぼるといわれる右手にハンディキャップをもつ演奏家に、音楽を続けるひとつの道を示したい。智内威雄のこのような強い願いから始まった「左手のアーカイブ」プロジェクトは、さらに幅広い層の人々へ向けて、そして次の世代へとバトンを手渡すことを視野に入れた活動を展開しています。

Biography

 

▼ <1976-2001 東京〜ドイツ>

▼ 1976年生まれ。
7歳より東京音楽大学付属教室、東京音楽大学付属高等学校ピアノ演奏科コース、東京音楽大学ピアノ演奏科コース
大学在籍中にミラノにて研鑽を積む。在学中に小林出氏、前島園子氏、アニータポッリーニ氏、アダマウリ氏に師事。現在東京音楽大学の講師とし後進の育成にも尽力している。

▼ 1999年 11月に渡独
▼ 2000年 ドイツ・ハノーファー音楽大学に入学。E.S.ネックレベルク ( Einar Steen-Nøkleberg ) 教授に師事し研鑽を積む。
▼ 2000年 グリーグ国際コンクール入賞、マルサラ国際コンクール3位入賞。
▼ 2001年 局所性ジストニアが右手に発症し、大学を休学し付属医療機関にてアルテンミュッラー教授(Univ. Prof. Dr. med. Eckart Altenmüller)の元で治療、ベルリンにてロランブレー氏(Laurent Boullet)の元でリハビリを開始。

▼ <2002-2009 ドイツ〜大阪>

▼ 2002年 E.S.ネックレベルク教授のすすめにより、スクリャービンの前奏曲と夜想曲、バッハ・ブラームスのシャコンヌ等、左手の音楽世界と出会う。
▼ 2003年 左手のピアニストとして音楽活動を再開。左手だけで質の高い演奏を得る為に、本格的に奏法の研究を開始する。
▼ 2004年 初の左手のみのソロコンサートをドイツにて行う。
▼ 2005年 同大学の卒業試験にて、左手のみで行った室内楽で満場一致の最優秀成績を収める。
▼ 2006年 3月に広島交響楽団とラヴェルの「左手のための協奏曲」を共演し、観衆をはじめ共演指揮者、楽団員から絶賛される。
▼ 2006年 11月に盛岡で行ったコンサートをきっかけに日本でのソロ活動を本格的に開始する。
▼ 2007年 7月に関西テレビ制作のドキュメンタリー番組「心に響く命の音・左手のピアニスト・智内威雄」が放送される。
▼ 2008年 地域に根ざしたクラシック音楽活動を提唱し、兵庫・大阪を中心として朗読コンサートなどのサロンコンサートを積極的に行う。
▼ 2009年 演奏活動とともに左手楽曲の演奏資料作成、楽譜作成、演奏方法等をまとめる”左手のアーカイブ構想”に着手する。

▼ <2010- 「左手のアーカイブ」プロジェクト>
▼ 2010年 左手のためのピアノ音楽の発掘と普及を目的とした任意団体「左手のアーカイブ」プロジェクトを発足させる。映像アーカイブ事業の成果をwww.lefthandpianomusic.orgにて公開スタート。
▼ 2011年 4月兵庫芸術文化センターにてF.シュミットのピアノ五重奏の日本初演を行う。同プロジェクトの制作により2タイトルCDを頒布開始
▼ 2011年 9月「左手のアーカイブ」プロジェクトの日本語サイトを立ち上げる http://lefthandpianomusic.jp
▼ 2012年 片手演奏用の初級・中級の楽譜、計4冊を左手のアーカイブにて監修する。「左手のアーカイブコンサート」を宝塚ベガホールにて行う
▼ 2013年 片手演奏の世界初のワークショップ「ワンハンド・ピアノフェスタ!」を実施する。
▼ 2013年 左手の音楽のクオリティーの高さを示すために、両手のピアニストでありながら左手の楽曲を積極的に取り上げるゼッキーニ氏をゲストとして招聘し「左手のアーカイブコンサート」を行う。
▼ 2013年 NHK放送制作のドキュメンタリー番組、ETV特集「左手のピアニスト~もうひとつのピアノ・レッスン~」が放送される。
▼ 2014年 片手演奏の普及を促進するために、片手の演奏教育プロジェクト「ワンハンド・ピアノレッスン」を立ち上げる
▼ 2016年 国際的に片手演奏の魅力を発信するために、芸術振興事業の『「左手のアーカイブ」プロジェクト』、教育福祉事業の『ワンハンドピアノレッスン』の両部門を柱とし、『(一社)ワンハンドピアノミュージック』を立ち上げ、代表理事に就任する。著書『ピアノ、その左手の響き:歴史をつなぐピアニストの挑戦』が太郎次郎社により出版される。「第5回 神戸アート・アワード」大賞受賞。
▼ 2017年 これまでの左手のピアノ音楽の普及活動が認められ「第4回 Jasrac音楽文化賞受賞」を受賞。

▼ 2018年 世界初となる左手のピアノ国際コンクール「ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクール」のアマチュア部門とプロフェッショナル部門を大阪府箕面市で開催し、左手のピアノ音楽の社会化を進める。12月に、左手のピアノ国際コンクールに関連したドキュメンタリー番組『目撃!にっぽん「左手がつむぐ希望のメロディー」』がNHK松山により制作・放送される。
7月からNHKのラジオ講座『芸術その魅力 左手のピアノの世界~独自の芸術分野として』全13回を担当する。

▼ 2019年 1月に左手のピアノ国際コンクールのドキュメンタリー番組「私は左手のピアニスト~希望の響き 世界初のコンクール~」がNHK-BS1スペシャルにて放送される。その他にもNHKラジオ第1、NHK大阪、NHK松山、MBSがニュースで特集を放送する。

▼ 2020年 月刊誌『ムジカノーヴァ』2019年12月号~2021年4月号の連載「なんでピアノを弾くと疲れるの?左手のピアニストが見る正しい奏法」を担当する。NHK放送制作のインタビューに番組『「天上の響きに―左手のピアニスト・智内威雄」 – こころの時代』が放送される。

▼ 2021年 12月に第2回 ウィトゲンシュタイン記念 左手のピアノ国際コンクールを開催。同コンクールにて世界初になる作曲部門を主催する。

▼ 2022年 1月より神戸新聞「随想」をエッセーを連載する。音楽之友社より『左手のピアノ国際コンクール作曲部門 記念作品集』が発売される。ピアノ演奏法に関する書籍『スマート奏法 習得術』が音楽之友社にて出版される。8月にKBS京都制作のインタビュー番組『比叡の光 第2784回 左手のピアニスト』が放送される。